3D造形を学ぶ

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ[1/5]

記事一覧

治具製作の目的 治具は加工をする際に、ワークを固定しドリルなどの切削工具を加工位置に誘導して、作業を補助する工具です。 例えば、お椀状のワークにマシニングで穴を開ける場合、治具がない状態ではステージ上…

FDM方式3Dプリンター造形時間の短縮方法 充填率を下げる 内部の充填率を下げれば造形するモデル材の量が少なくなるので、その分造形時間が短縮されます。強度が低くなってしまいますが、内部構造を変更するこ…

スパースとは 熱溶解積層(FDM)方式の3Dプリンターは、熱可塑性樹脂を加熱し溶かした材料を一層ずつ積層して造形します。その際、直下の積層面に隙間があってもブリッジ状に造形パスを描くことで造形すること…

金属3Dプリンター出力サービスとは 3Dプリンター出力は、切削加工と同様に樹脂や金属の様々な素材を使うことができます。金属素材の種類は今のところ樹脂素材より多くはありませんが、ステンレス鋼やインコネル…

3Dプリンター出力用のデータ作成方法と手順 3Dプリンターで出力するためには元となる3Dデータが必要です。 3Dデータを作成する手段は主に2つあります。 データ作成ソフトを使用する 3DCADと呼ばれ…

光硬化性樹脂が太陽光で変色する理由 光硬化性樹脂は光造形方式の3Dプリンターに素材として使用されます。液体の状態で紫外光などの特定の波長を当てることで硬化します。造形されたものは熱や光に弱く、長時間太…

125
大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358