Q&A

Q&A

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. Q&A

Q. 2D図面だけでも依頼できますか?

回答
A.

はい、大丈夫です。
弊社で3Dデータを作成しますので、図面や2DCADのみでも対応致します。
3Dデータを頂ける場合、データ作成費がなくなる+データ作成期間がなくなるため、納期と費用面両方でメリットがあります。

Q. 現物と同じものを製作できますか?

回答
A.

はい、可能です。
弊社には3Dスキャナーはありませんが、三次元測定機、3Dハンディ測定器がございます。
その場合、それらで測定→データ・図面化→製作という流れになります。

Q. 写真しかないのですが製作できますか?

回答
A.

その他情報によりますが、可能です。
写真のみでも寸法や形状の打ち合わせをさせて頂き、弊社で3Dデータを作成致しますので、まずはご相談ください。

Q. 精度はどのくらいですか?

回答
A.

材質や形状によりますが、プラスマイナス0.1mm程度の誤差が出ます。
後加工可能な箇所であれば100分台の精度も可能です。

Q. MarkXとF370はどのように使い分けていますか?

回答
A.

実際に使う部品の場合は強度が必要なのでMarkX、形状確認の場合はサポートを溶かして複雑な形状に対応できるF370がオススメです。
造形を途中で停止し部品を挿入→造形途中で一度機械を止めて造形物の中にマグネットやネジを挿入するインサート加工が可能です。
これはMarkXもF370もどちらも可能です。

Q. 納期はどれくらいですか?

回答
A.

形状にもよりますが3Dデータを頂ければ翌日出荷も可能です。
目安は3日で、サポート材を溶かす必要がある場合+2日になります。

Q. 造形方法はなんですか?

回答
A.

3Dプリンターの造形方法にはFDM、光造形、インクジェット、粉末焼結の4つがあります。
弊社ではこの4つの造形方法を取り扱っております。

Q. 加工可能な最大サイズは?

回答
A.

最大サイズは330×270×200となっております。
なお、材質によって造形できるサイズは前後しますので、サイズが大きい場合はご相談ください。

Q. 積層ピッチ=精度ですか?

回答
A.

寸法精度にも多少関係しますが、どちらかというと面粗度です。

Q. 見積金額が高くなる要因はなんですか?

回答
A.

一般的にZ方向に大きくなるほど造形時間が長くなる為、造形費用が高くなる傾向があります。
強度は下がりますが内部の充填率を下げることで使用材料を少なくし費用を抑えることも可能です。
金額につきましては一度ご相談ください。

Q. どんなデータで送ればいいですか?

回答
A.

step(ステップ)かigs(アイジェス)で頂けるとありがたいです。
stlは3Dプリンター用のデータなのですがメッシュデータの為、修正が必要な時に編集することが出来ません。

Q. 3Dプリンターで使用できる材質は何がありますか?

回答
A.

主要な材質はABS、アクリル樹脂、エポキシ樹脂です。
その他に、Onyx =(ナイロン+カーボン粉末) 、PC-ABS、Polyflex (ゴムライク)、PP、ウレタンライクなどがございます。

Q. Onyxを使ってみたいけど、どういう部品に使われるのですか?

回答
A.

ロボット部品ですと、関節部分や骨格など、切削では加工が難しい箇所に使われています。
今まで純粋なカーボンを使っていた部品もこちらに置き換えができればコストダウンにも繋がります。

Q. 3Dプリンターの材料証明、RoHSは提出可能ですか?

回答
A.

材料証明はありません。
弊社で在庫しているOnyx、ABS、Poliflexについては安全データシートの提出が可能です。
Belluloで使用する材料以外はRoHS対応しています。

Q. PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)はありますか?

回答
A.

PEはありませんがPPはあります。

Q. 肌に触れたりしても問題ない材料はありますか?

回答
A.

国内の薬事法は未認可ですが、米国で生体適合認可された材料はいくつかあります。
【例】
ABS-M30i(生体適合性 ABS)
PC-ISO (生体適合性 ポリカーボネイト)
ULTEM 1010 (生体適合性 PEI:ポリエーテルイミド)
MED610、MED620(生体適合性樹脂)

Q. Polyflex以外に柔らかい素材はありますか?

回答
A.

ゴムライク素材でTPU 92Aがあります。
ストラタシス社製FDM方式3Dプリンター向けの新しいエラストマー材料で、弊社でも取り扱っており中空構造も造形可能です。

Q. 硬度指定できますか?

回答
A.

ウレタンライクなら配合を調整することで希望の硬度にすることができます。
サンプルを頂ければ近づけることは可能です。
細かい硬度の数値の指定はできません。

Q. 成形品と同じ材質の3Dプリンター材料はありますか?

回答
A.

PP(ポリプロピレン)、ABS樹脂、PMMA(アクリル)があります。
PP(自動車部品、家電部品、包装フィルム、食品容器など)
ABS(OA機器、自動車部品の内外装品、電機製品、ゲーム機など)
PMMA(自動車のテールランプレンズ、コンタクトレンズ、食卓容器、照明板、水槽プレートなど)

Q. Onyxの強度はアルミと同じくらいと聞きましたがアルミの番手はいくつですか?

回答
A.

Onyxにカーボンファイバーをフルで充填した際の数値で、6061-T6と同程度の曲げ弾性率になります。

Q. Polyflexはゴムですか?ゴムライクとは?

回答
A.

正確には熱可塑性エラストマー(Thermoplastic Elastomers : TPE)です。
一般的にゴムと呼ばれるのは熱硬化性エラストマー(Thermosetting Elastomers)です。
エラストマーとはゴム弾性を有する工業用材料の総称の事をいい、熱硬化性エラストマーと熱可塑性エラストマーに分類されます。
熱を加えても軟化しないのが熱硬化性エラストマー、熱を加えると軟化するのが熱可塑性エラストマーです。

Q. 使用環境によっては劣化しませんか?

回答
A.

一般的には耐熱性・耐油性・耐候性・耐薬性が低いため、高温環境下、油に触れるような環境、屋外での使用、薬品に触れるような環境では劣化します。
それぞれの用途に合った素材もございますので一度ご相談ください。

Q. どれくらい透明ですか?

回答
A.

光造形のエポキシ系は、少し青みがかる透明、インクジェットのアクリル系は黄色がかる透明になります。切削ほどの透明は難しいです。

Q. 水漏れはしますか?

回答
A.

水漏れします。
造形の仕様上層と層の間に隙間が出来るのですべての材料で漏れます。

Q. 透明の材料で中空はできますか?試作、実験で中身が見えたらいいなと思うことがあります。

回答
A.

光造形で中空構造は出来ます。
完全な透明ではなく、青みもしくは黄色みがかった透明になります。

Q. 熱溶解積層方式(FDM方式)の面粗度はどのくらいですか?

回答
A.

FDMの造形方法上、積層段差がつきます。
使用機種・材料によりますが、サポートを溶かして除去する場合サポートが付く面とつかない面の面粗度は変わりませんが、手で剥がして除去する場合はサポートが付いていた面の面粗度はさらに悪くなります。

Q. ABSの表面をアセトンをつかって綺麗にできませんか?見本はありますか?

回答
A.

可能です。
アセトンは揮発性が高いため表面に直接塗布するのではなく、密封容器内でアセトンを気化させて表面を溶かして凹凸を除去します。
そのため、接地している面以外すべて溶けることになります。
接地している面は凹凸がついたままになります。
面粗度サンプルとしてまとめておいてあります。

Q. タップなどの後加工をすることができますか?

回答
A.

切削加工と同じようにタップを切ることが可能です。
またインサート加工することでネジ部の強度を確保する事もできます。

Q. 全国へ出荷可能ですか?

回答
A.

全国へ配送しております。

Q. 納品方法は?

回答
A.

1、お客様によるお引取り
2、弊社配達 自社配達圏内であれば(大阪市近郊)配達致します。
3、運送業者による配送 弊社手配で配送いたします。

Q. 支払方法は?

回答
A.

初めてのお取り引きの場合、銀行振込、代金引換によりお支払いいただいております。
その後継続したお取り引きとなる場合は、お客様の希望締め日による「月間合計請求」となります。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358