【提案事例】切削加工からの加工方法変更で、コストダウン!

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 【提案事例】切削加工からの加工方法変更で、コストダウン!

【提案事例】切削加工からの加工方法変更で、コストダウン!

3Dプリンター出力サービス

使用素材Onyxの事例

社内実験用の治具製作を検討中で、用途のみが決まっている段階であるため、何度も試作を繰り返して寸法や形状を決めていきたい、というご相談を頂きました。

ご相談を頂いた時点では、切削加工を想定してのご相談でした。しかし、形状の目処が立ってくると、材料の切削部分が多くなる形状で、材料費が高額になることが判明しました。何度も繰り返し試作が必要であるため、そのまま進めると完成に至るまでにかかる費用が高額になってしまいます。社内で使用する部品であるため、なるべく費用は抑えたいとのことで、3Dプリンター出力での試作を提案させて頂きました。

3Dプリンター出力は加法製造であるため、使用する材料は製品サイズの材料のみです。材料の無駄がなくなり、その分材料費を削減できます。形状変更に対しても強く、こちらの加工方法は3Dデータを機械に読み込ませて加工を開始できます。そのため修正の度にデータの修正、図面の作成、加工プログラムの変更の一連の作業の必要がなくなるため、次の試作までの時間を短縮することができます。

また、造形スタート後は完成までプログラム管理の自動製作であるため、人の管理も不要です。そのため、人がいない夜間にも製作を進めることができ、納期の短縮に繋がります。

素材の条件は「割れにくく靭性が高い」ということでしたので、Onyx(ナイロン+カーボン材料)で提案させて頂きました。

結果、製作コストを4分の1まで削減し、完成品までの期間を大幅に短縮することができました。

この事例の実際の試作スケジュール

  1. 最初の試作品を午前中に製作
  2. その日の午後に配達、当日実験して頂き、改善点を確認と共有。
  3. 翌日の午前中に修正点を反映した2回目の試作品を製作
  4. 当日午後に納品

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358