コンター

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. コンター

コンター

造形物の外周の壁となるツールパスです。内側を埋めるものをラスターと呼びます。

FDM方式の造形はスライスデータ1層ごとにコンターと呼ばれる外周線が描かれ内側の空隙をラスターで埋める形で進んでいきます。通常コンターの射出幅は積層ピッチの2倍になります。外周線は1周するように描かれるので造形の最小幅は積層ピッチの4倍になります。

射出幅はヘッドスピードや吐出量の設定を変えることで多少の調整が可能です。例えば、0.9mmの造形物を積層ピッチ0.2mmで造形しようとした場合コンターの幅は0.2×2×2=0.8mmとなり0.1mmの隙間が出来てしまいます。この時射出幅を0.45mmに設定すれば0.45×2=0.9mmとなり空隙のない造形を行うことができます。

通常コンターは1枚で生成されますが、枚数を増やし強度を上げることができます。また、後加工でタップやインサート加工をする時に加工する穴の周りのコンターの枚数を増やして壁を厚くすると加工しやすくなります。

複雑な形状ではコンターが重なって造形不良の原因となったり設定に時間がかかることもあるので、必要最小限のコンターを設定する必要があります。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358