ツールパス

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. ツールパス

ツールパス

3Dプリンターのヘッドの動作を制御するためのデータです。
外周の壁となるツールパスをContour(コンター)、内側を埋めるツールパスをRaster(ラスター)と呼ぶこともあります。

多くの3Dプリンターは造形するために用意したSTL形式のデータをスライスデータに変換する必要があります。
スライスされたデータは1層ごとにヘッドの動きに変換されます。
コンターによって輪郭が描かれ、内側を埋めるように蛇腹状にラスターが描かれます。

コンターの射出幅は積層ピッチの2倍になり、スライスデータの外周を1周はするようにツールパスが作成されるので造形できる最小の厚みは積層ピッチの4倍になります。
例えば積層ピッチが0.2mmの場合、造形できる最薄の厚みは0.8mmです。
厚みによってはラスターが生成されないこともあります。

積層ピッチを0.2mm、厚みを0.9mmで設定した場合、コンターとコンターの間に0.1mmの隙間が出来ることになりますが、隙間が薄いためラスターが生成されません。
そのため造形物の中に空間が出来ることになります。
この場合、厚みを変更するか射出幅を0.45mmに設定する事で隙間を埋めることが出来ます。

コンターの数は調整することが出来ます。
例えばタップの下穴の部分はコンターが1本だと、タップを切った時にラスター部分まで掛かるのでネジ部が欠ける事があります。
コンターの本数を増やし、壁を厚くしておくことで安定したネジを切ることが可能です。
コンターは一筆で描けるようにしておかないと、造形エラーが出たりヘッドの異常動作の原因になることがあります。

ラスターは射出幅と間隔を調整することが出来ます。
射出幅はコンターと同じように隙間を埋めるために調整します。
間隔は主に造形物の充填率を調整する為に調整されます。

ツールパスを作成した時にコンターやラスターが重なっている事があります。
ツールパスが重なっているということはヘッドが2回通ることになるので1層の造形中に2層造形されることになり造形不良の原因となります。

サポートのツールパスを調整することで特定箇所にサポートを付けたり、逆に特定箇所のサポートを無くしたりすることが出来ます。
小径の横穴の場合サポート無しでも造形でき、材料コストや剥がすためのコストを抑えることができます。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358