壁

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ

モデルの形状に関わる要素 壁

熱溶解積層(FDM)方式の3Dプリンターで造形したモデルは大きく分けると3つの要素で構成されています。

  1. 上面と底面
  2. 内部構造

壁は造形物の形状です。3Dプリンターは主に底面から造形が始まり、側面(壁)、内部充填(内部構造)、上面を造形する工程を繰り返して造形します。壁の枚数が多いほど強度が上がります。壁を造形するにあたって重要なのがノズル径です。

造形の際にノズル径よりも細い幅の箇所があると造形不良となることがあります。これは壁の造形でも同じで、3Dプリンターの平均的なノズル径0.5mmよりも細い部分は造形ができず、強度も保てません。そのため、ある程度の強度を維持できることを考えると最低2.0mmの壁の厚みが必要です。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。素材選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358