壁

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ

3Dプリンターは主に底面から造形が始まり、側面(壁)、内部充填(内部構造)、上面を造形する工程を繰り返し造形します。
壁の厚みは厚ければ厚いほど強度が上がり、壁の枚数が多ければ多いほど強度が上がります。
壁を造形するにあたって重要なのがノズル径です。
3Dプリンターの造形の際にノズル径よりも細い幅の箇所があると造形不良となることがあります。
これは壁の造形でも同じで、3Dプリンターの平均的なノズル径0.5mmよりも細い部分は造形が出来ず、強度も保てません。
そのためある程度の強度を維持できることを考えると最低2.0mmの壁の厚みが必要です。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358