溶剤仕上げ

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 溶剤仕上げ

溶剤仕上げ

3Dプリンターは造形物自体であるモデル材と、モデル材の形状を維持するためのサポート材との2種類で造形します。
全て造形し終わった後にサポート材を除去して造形品の完成です。

サポート材の除去

3Dプリンターには様々なタイプのものがあります。
その中の、FDMと呼ばれる熱溶解タイプで、strarasys社製のものはサポート材の除去に溶剤を使用します。
手順は下記の①~③です。
①強アルカリ剤につける→②酸性の液で中和→③水で洗浄

大抵のFDMタイプの3Dプリンターはサポート材とモデル材と同じ材質で造形します。
モデル材とサポートの間に0.1mmの隙間を空けて数箇所だけ点で接着することで、手でサポート材を除去します。

表面の仕上げ

サポート材とモデル材を同じ材質で造形する場合です。
サポート材の大部分は手や工具で、物理的に力を加えて除去することができますが、モデル材に近い部分はどうしても除去した跡が残ってしまうことがあります。
そこで使用するのが溶剤です。
手でサポート材を取った後などに、表面をきれいにする場合はアセトンを使用します。
切削や研磨に比べて見た目がつるつるになり、テカリが出ます。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358