デジタルライトプロセッシング(DLP)

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. デジタルライトプロセッシング(DLP)

デジタルライトプロセッシング(DLP)

光造形方式の1つ デジタルライトプロセッシング

光造形方式は、紫外線を照射するプロセスによってSLAとDLPの2つに分けられます。DLPはDegital Light Processingの略で、プロジェクターによって光を照射する造形です。

SLAが1本のレーザービームで照射するのに対して、DLPは下からプロジェクターによって一度に1層分の紫外線を照射します。造形物は上から吊り下げられながら積層され、1層硬化させる毎に造形ステージが上がっていきます。

3Dプリンター出力サービス DLP

プロジェクターは様々な分野で使用されている技術です。そのため汎用性が高く、安価な組み立て式の光造形3DプリンターはDLP方式が多く取り入れられています。

一面にまとめて紫外線を照射できるので、造形速度が早い特徴があります。

光造形方式の特徴は「光造形方式の特徴|メリットとデメリットを解説」をご覧ください。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。素材選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358