デジタルライトプロセッシング(DLP)

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. デジタルライトプロセッシング(DLP)

デジタルライトプロセッシング(DLP)

光造形は、紫外線を照射するプロセスによってSLAとDLPの2つに分けられます。
DLPはDegital Light Processingの略で、プロジェクターによって光を照射するタイプです。

SLAが1本のレーザービームで照射するのに対して、DLPは下からプロジェクターによって一度に1層分の紫外線を照射します。
造形物は上から吊り下げられながら積層され、1層硬化させる毎に造形ステージが上に上がっていきます。

プロジェクターは様々な分野で使用されている技術です。
そのため汎用性が高く、安価な組み立て式の光造形3DプリンターはDLP方式が多く取り入れられています。

メリット

一度に一面に紫外線を照射出来るので、より造形時間が速く済みます。
さらに一層ごとの造形時間が一定になるので、加工時間が計算しやすいのもメリットです。
また、液体樹脂タンクの下から光が照射されるので、照射部分は平面になります。

光造形方式は、精密な加工にも向いているので、特にDLPに向いているのは、以下のような条件の場合といえます。
①極小の複雑な加工品を1個だけ造形したい場合
②解像度を求めない大きいパーツを速く造形したい場合

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358