指向性エネルギー堆積(DED)方式

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 指向性エネルギー堆積(DED)方式

指向性エネルギー堆積(DED)方式

金属粉末を吹き付けながらレーザーで焼結させる3Dプリンター出力

指向性エネルギー堆積(DED)方式は、金属3Dプリンター出力特有の造形方法です。金属粉末を吹き付けながらレーザーを照射して焼結させます。肉盛り溶接のような積層が特徴です。

粉末を使用する造形方法のパウダーベッド方式に似ていますが、こちらは材料の粉末を敷き詰めてレーザーを照射し焼結させて積層していくのに対して、指向性エネルギー堆積方式は、噴射中の粉末にレーザーを当てます。そのため粉末を造形エリアいっぱいに敷き詰める必要がないため、造形前の準備が簡単です。

指向性エネルギー堆積方式の最も優れた点は、異なる素材を組み合わせて出力ができるところです。土台は重量のある鉄系の素材で積層して安定感を高め、途中から軽量化のためにアルミニウム合金で出力するという出力ができます。

本来、異なる素材同士を一体化するには、別々の部品として製作したのちに溶接や組み立ての工程が必要です。例えば鉄とアルミニウム合金は融点が違うため、溶接するためには特殊な技術が要求され、溶接が不十分だと使用中に分離する恐れもあります。

指向性エネルギー堆積方式の3Dプリンターでは、上記のような特殊な技術を要求される加工をプログラム制御で行うことができます。

肉盛り溶接の要領のため、寸法精度には優れておらず、パウダーベッド方式に比べると表面は粗く、積層痕が残ります。

金属の3Dプリンター出力の詳細は「金属3Dプリンター出力サービス【部品製作・試作】」をご覧ください。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。素材選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358