バインダージェット方式

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. バインダージェット方式

バインダージェット方式

粉末を固めて造形する3Dプリンター出力

平らに敷かれた粉末の素材にバインダー(結合剤)を噴射して固めることで造形する3Dプリンター出力方式の1つです。樹脂・金属素材に加え、石膏や砂・セラミックの造形もでき、バインダーに着色料を含ませることでカラーリングもできます。

バインダージェット方式のメリット

  • サポート材が不要
  • 造形と同時に着色が可能
  • 造形速度が早い
  • 室温で造形が可能

バインダージェット方式のデメリット

  • 表面が粗い
  • 強度が弱い
  • 焼結による収縮がある

造形物は強度が低く、焼結や含侵処理による強化が必要です。この処理を行っても他の方式に比べると強度は低めです。一般的にバインダージェット方式で造形した造形物は焼結すると約20%収縮します。収縮率は形状や環境条件によって変化するので、設計通りに造形する場合には試作による確認が必要です。

工程

  1. ビルドプレート上に薄く平らに粉末を敷く。
  2. モデルの断面に合わせてノズルからバインダーを噴射する。
  3. ビルドプレートが1層下がり新たに粉末を敷く。
  4. 以降モデル形状完成まで手順2,3の繰り返し。
  5. 造形完了後、乾燥。
  6. 造形物を粉末素材の中から取り出す。
  7. 焼結させて完成。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358