反り・剥がれ

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 反り・剥がれ

反り・剥がれ

FDM方式の3Dプリンター出力で起こる造形不良

反りや剥がれは樹脂が収縮することで起こります。ノズルで高温に加熱された樹脂は、ノズルから排出されると外気で冷やされ収縮します。この収縮する力によって反りが発生しテーブルへの定着が弱いと剥がれとなります。

反り・剥がれの原因

排出された樹脂が急激に冷やされる。テーブルに定着できていない。

反り・剥がれの対策

テーブルが斜めになっている、テーブルに傷がある、ノズルとテーブルの間隔が正しく設定されていないとテーブルに定着しません。テープや糊を使ってテーブルに定着しやすくすると反りや剥がれが軽減されます。

カバーのないオープンタイプのプリンターの場合は庫内の温度を保つようにすると収縮が低減されます。テーブル温度を設定できる場合はテーブル温度を上げることも有効です。庫内やテーブルの温度の調整が難しい場合はシールドの作成がおすすめです。シールドはモデルの周囲に作成する壁で、モデルを囲うことで熱が逃げにくくなります。

樹脂の充填率も影響があります。内部の構造を充填率の高いソリッド構造にするよりも、充填率の低いスパース構造にした方が樹脂の体積が少なくなる分、熱収縮の影響が小さくなります。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。素材選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358