STL

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. STL

STL

3Dモデルを三角形の集合体で近似するファイル形式

3Dプリンターで3Dモデルを造形するためには、まず3Dデータが必要となります。
通常3Dデータを作製するとIGES、STEP、Parasolidなどのデータとなり、
この形式からSTL形式に変換することで3Dプリンター用ソフトを用いて認識することが可能となります。
STL形式は3Dモデルを「三角形」の集合体で近似するファイル形式です。
三角形の分割数を増やせば増やすほど、限りなく曲線に近づけることが可能です。
そのため、データ容量が大きくなり一つの面や辺が膨大なデータ数となり、3Dモデルとして操作、製作、改造する場合には不向きです。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358