造形前準備

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 造形前準備

造形前準備

3Dプリンターで造形する前に必要な準備です。
下記の準備が終わってからでないと機械を動かして造形をスタートすることができません。

1.スライスデータの準備
スライスデータとは、3Dデータを層ごとに分割したデータのことです。
このスライスデータに沿って材料が積層されていきます。

2.造形プログラムの設定
基本的な設定は積層ピッチ、材料の充填率、壁の厚み、サポート材を付ける箇所を調整します。
より詳細な調整になると、ノズルの移動スピード、材料の射出量、冷却ファンのスピードの調整などがあります。このプログラム従って機械は動きます。

3.材料のセット
造形に使用する材料を機械にセットします。
使用する予定の材料に対して、セットされている材料が不足していると途中で造形がストップしてしまいますので事前に確認しておきます。

4.ベッドレベルの調整
造形のベースとなるベッドの平面度を調整します。ベッドが傾いていると真っ直ぐ積層されず、傾いて隙間ができて造形不良の原因になります。

5.温度調節
ノズルの温度、ベッドの温度を高温に維持します。
高温で材料を溶かして積層していくためノズルの温度は200°以上になります。
また、ベッドの温度が低いとベッドから材料が剥がれてしまい造形不良になりますのでベッドも同じく高い温度で維持します。

ここまで準備が終わってようやく機械を動かすことができる状態になります。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358