マテリアルジェッティング方式

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. マテリアルジェッティング方式

マテリアルジェッティング方式

材料噴射法、インクジェット方式とも呼ばれます。造形方法の違いから主に2種類に分類されます。
1つ目は現在主流となっている方法で、光硬化性樹脂という紫外線によって固まる液体樹脂が使われる方法です。ヘッドから噴射された液体樹脂を紫外線で固めて積層しながら造形します。
2つ目は石膏や熱可塑性樹脂などの粉末材に結合剤を噴射して造形する方法です。

マテリアルジェッティングは積層ピッチが小さいため、表面の滑らかさが精度が必要、造形物が小さく複雑といった場面で力を発揮します。機種によっては複数の樹脂を組み合わせることで2Dプリンターのようにフルカラー造形することもできます。

また、樹脂の配合によりFDM方式で使われるABS樹脂や柔軟性を持ったエラストマ樹脂のような仕上がりにすることもできます。紫外線で硬化する光硬化性樹脂を使用するので、耐候性は低く屋外や直射日光の当たる場所では劣化しやすい特徴があります。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358