積層方向

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 積層方向

積層方向

3Dプリンターは溶かした材質を一層ずつ積層して立体を造形します。
この樹脂を積層した方向のことを、積層方向といいます。
3Dプリンターでの造形では積層方向は重要な情報です。
積層方向で変わるのは主に以下の3点です。
①強度の方向 ②積層の模様 ③造形の形状

①強度の方向
円筒上の造形物を作る場合です。
積層方向の負荷には強度がありますが、積層方向に垂直な力には弱い傾向があります。

同じ円筒を、向きを90°変えて積層すると下図のようになります。

図2の向きで造形すると強度は出ますが、円がいびつになります。

②積層の模様 ③造形の形状

先端の尖った形状を造形する場合です(図3と図4)

この場合、赤丸の先端の強度は図4の方が強くなります。
斜面の外観が図3と図4では違う仕上がりになります。
なめらかに仕上がるのは図4です。

一概には言えませんが、積層の数が多いと造形時間が長くなる傾向があります。
造形時間だけを考えると、図3で見た時に高さのある形状の場合は、図4の向きで造形すると短時間で終えられます。

強度、外観、面粗度と、造形時間、他にサポート材の要不要などを考慮して積層方向を決定します。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358