難燃性

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 難燃性

難燃性

樹脂などが炎にさらされた時の燃えにくさを表します。

耐熱性と同様の文脈で使われることもあります。難燃性の指標には燃焼に必要な酸素濃度をパーセンテージで示したOI (oxygen index) があります。OIが大きいほど燃えにくく、27%以上の物は難燃性に分類されます。難燃性の樹脂にはPTFE(テフロン)、PVC(ポリ塩化ビニル)、フェノール樹脂などがあります。

PTFEはフライパンの表面コーティング剤として、PVCは電線ケーブルなどに使用されます。基本的に樹脂は有機化合物で炭素を含むため燃えやすい性質を持ちます。そのため、火を用いる場所で使用する可能性のあるものは安全性を考慮して、難燃性や不燃性の樹脂を採用することが推奨されます。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358