オーバーハング

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. オーバーハング

オーバーハング

様々な業界で使用されるワードで、例えば建築物ですと、1階よりも2階部分がせり出しているような設計を指します。3Dプリンター出力では下の画像のように、ある部分だけ浮いているような形状のことを指します。

エポキシ樹脂(3Dプリンター出力品)

オーバーハングには45°ルールというものがあります。それは、せり出した部分の角度が接地面から45°以下であれば、サポート材が必要で、45°以上であれば不要というものです。
サポート材が付いていた面はどうしても粗くなるので、表面粗さ求める場合は角度を調整するか、サポート材が付かないように造形方向を変えるなどの対策が必要です。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358