紫外線劣化

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 紫外線劣化

紫外線劣化

プラスチックは紫外線により物性低下や外観変化を起こします。これにより変色・脆弱化・ひび割れなどの劣化が起こることを紫外線劣化と言います。
紫外線がプラスチック製品に当たると、紫外線の吸収により分子構造に変化が起こり、劣化が始まります。温度が高いこと、水分の存在下でさらにこの働きが促進されます。

直射日光が当たる環境だと特に起こりやすい現象です。屋内でも日のよく当たる窓のそばは紫外線量が多いので注意が必要です。

紫外線による劣化に対する強さを表す性質が耐候性で、屋外で使用する製品には必要とされる機能です。

3Dプリンター出力材料だと、ASAが耐候性に優れ外装部品、屋外用コンセント、スポーツ用品などに用いられます。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358