積層段差

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 積層段差

積層段差

熱溶解積層法の場合、フィラメントを重ねていくため必ずその積層段差というものが生じます。
特に曲面形状では径が細かく変化するので顕著に見えてしまいます。
それを目立ちにくくするためには、基本的には積層ピッチを小さくする方法を取ります。
積層ピッチが小さくなるほど段差が小さくなるので、よりなめらかに、面粗度も良くなります。
ただ一つ注意しなければいけないのは、積層ピッチの細かさイコール精度ではありません。
精度良く仕上げるために、積層ピッチも条件のうち1つでありますが、それが全てではありません。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358