インサート

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. インサート

インサート

ネジの穴の保護

樹脂や金属には、さまざまな種類の穴をあけます。
その中でもよくあるのがタップ加工です。
ネジ止めをする目的であけられるこの穴ですが、タップのみの場合雄ねじを出し入れしているうちにその摩擦や経年劣化により、強度が失われることがあります。
それを防ぐのがインサート加工です。
本来のネジより大きめの、インサート加工用の下穴をあけ、そこに金属製のインサートナットを挿入します。
インサートナットというのは、直タップでは強度が弱い、樹脂やアルミ合金などの材質へ埋め込むナットの総称です。
「インサートナット」の中にヘリサートや、エンザートが含まれています。
ヘリサート:ひし形断面をしたバネ状のコイルで自在性がある。そのため、雄ねじと雌ねじのリード誤差、角度誤差を吸収できる。
エンザート:インサートタップ穴が不要。外径に切られたネジで、タッピングを行う。
イリサート:元々タングレスのため、タングの除去が不要。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358