デジタルファブリケーション

3D造形を学ぶ

見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. デジタルファブリケーション

デジタルファブリケーション

デジタルデータの造形

デジタルファブリケーションとは、コンピュータからデジタルデータを読み込んで3DプリンターやCNCフライス、ロボットアーム等のデジタル工作機械に転送し、様々な素材を加工、制作する技術のことです。

デジタルファブリケーションによるメリット

これまでの製造技術では製作困難であったものが可能となったことや、個人でものづくりに携わる敷居が大きく下がったことです。
個人でも企業でも、アイディアは思いつくが、実際に作るという行動に移るにはそれなりのコストが掛かってしまうため実現しないことが多かったです。
何か一つモノを作るにしても、ソフトや機械、それを扱う専門の人間、知識が必要不可欠でしたが、デジタルファブリケーションを取り入れることにより全て個人で扱うことができるようになります。
また「Fab Lab(ファブラボ)」という施設では、様々なデジタルファブリケーション機器が設置されており、組織に属さずとも工作機器を使用した自由なものづくりが可能となっております。

その他3Dプリンター出力について分からないことや確認したいことがありましたらお気軽にご連絡ください。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYの提供する3Dプリンター出力サービスは、樹脂・金属素材から最適な加工条件での部品製作をご提案させていただきます。データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷での対応が可能です。工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

2D図面、現物からの製作も承ります。3Dデータを用意できない環境の方や手間を減らしたい方向けに、3Dデータ作成代行オプションもご用意しております。製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。材料選定のご相談から対応しております。お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358