最終製品

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 最終製品

最終製品

最終製品は、生産過程で最後に位置する製品のことであり、消費者向けに販売可能な状態であることを指します。3Dプリンター出力サービスは、以前は製品開発プロセスの中では試作として用いられることが多い製造方法でした。近年では高精度・高強度な製品を造形できる機械が出てきたこともあり、小ロット量産であれば試作から最終製品まで3Dプリンター出力で対応することも可能です。

これには、高機能で高付加価値の材料が出てきたことが要因の1つです。
例えばPEKK(PEEK相当材、ハイスペック材料のPEKKとは?)のようにPEEK相当材の高機能材料です。
強度や薬剤耐性が樹脂切削材料と比較しても劣らない材料であるため、最終製品の製作にも幅が広がっています。

実際にエアバスの内装部品や、NASAの宇宙探査ローバーの固定部品として3Dプリンターで製作されたものが使用されています。

3Dプリンター出力で試作・部品製作を検討中の方へ

DDD FACTORYは樹脂の3Dプリンター出力を中心に行う試作メーカーです。
データがあれば最短見積もり30分以内、最短当日出荷が可能です。
工場の状況などにより特急納期が不可の場合もありますが、試作・製作依頼先の候補として考えていただければ幸いです。

製品開発の試作、部品の製作は当社にお任せください。
材料選定のご相談から対応しております。
お気軽にご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358