ステレオリソグラフィー(SLA)

3Dのある生活

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3Dのある生活
  3. ステレオリソグラフィー(SLA)

ステレオリソグラフィー(SLA)

光造形は、紫外線を照射するプロセスによってSLAとDLPの2つに分けられます。
一般的に光造形というとSLAのことを指します。
Stereolithography、通称SLA、SL
3Dスキャナーsystemsのチャック・ハル氏が開発した方法です。

造形方法

液体樹脂の入ったプールの固めたい箇所に紫外線レーザーを当てます。
一層ずつ均してから、造形ステージを1段ずつ下げて1層ずつ硬化していく方式です。
造形モデルの一番下の層から積み上げて立体化していきます。
アームが上側にあって、造形物を吊り下げるタイプのものもあるようです。
レーザー光線を走行させて硬化させていくので、DLPに比べて積層方向に垂直な曲線がなめらかな仕上がりになります。
その反面、大きいサンプルを造形するときは、レーザーの走行距離が伸びる分造形に時間がかかります。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358