積層方向

3Dのある生活

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3Dのある生活
  3. 積層方向

積層方向

3Dプリンターは溶かした材質を一層ずつ積層して立体を造形します。
この樹脂を積層した方向のことを、積層方向といいます。
3Dプリンターでの造形では積層方向は重要な情報です。
積層方向で変わるのは主に以下の3点です。
①強度の方向 ②積層の模様 ③造形の形状

①強度の方向
円筒上の造形物を作る場合です。
積層方向の負荷には強度がありますが、積層方向に垂直な力には弱い傾向があります。

同じ円筒を、向きを90°変えて積層すると下図のようになります。

図2の向きで造形すると強度は出ますが、円がいびつになります。

②積層の模様 ③造形の形状

先端の尖った形状を造形する場合です(図3と図4)

この場合、赤丸の先端の強度は図4の方が強くなります。
斜面の外観が図3と図4では違う仕上がりになります。
なめらかに仕上がるのは図4です。

一概には言えませんが、積層の数が多いと造形時間が長くなる傾向があります。
造形時間だけを考えると、図3で見た時に高さのある形状の場合は、図4の向きで造形すると短時間で終えられます。

強度、外観、面粗度と、造形時間、他にサポート材の要不要などを考慮して積層方向を決定します。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358