モデル材

3Dのある生活

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3Dのある生活
  3. モデル材

モデル材

3Dプリンターは造形物自体であるモデル材と、モデル材の形状を維持するためのサポートを付けて造形します。
溶かした樹脂で造形するので、宙に浮いている部分や空間になる部分をサポート材で埋めながら造形する必要があります。
造形後、サポート材を除去して完成です。
モデル材にはABSやPLAといった材質が使用されます。

stratasys社製の3Dプリンターのサポートは、モデル材とは別のサポート材という材料を使用し、造形後に溶かして除去します。
大半の3Dプリンターはモデル材と同じ材料でサポートを作り、造形後は手で除去します。

造形物の向きを横向きや逆さに変えることで、サポート材が不要になったり量を低減させたり、造形後にサポート材を除去しやすくする工夫ができます。
そうすることで、使用する材料を減らし造形時間を短くすることができます。

例えば、上図のような造形物を作るとします。
濃い色の部分がモデル材、薄い色の部分がサポート材だとします。
左図だと一番下の層が一番広く、全てステージに付いているので、サポート材なしで造形することができます。
それに対して右図は、モデル材を90°方向を回転させたものです。
図の通り支えるために大量のサポート材が必要になります。

モデル材と同じ材質で造形する場合は、モデル材とサポートの間に0.1mmの隙間を空けて造形します。
右側の図の○部分のように、数箇所だけのポイントでくっつけることで、造形後に手で除去しやすくします。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358