やすり仕上げ

3Dのある生活

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3Dのある生活
  3. やすり仕上げ

やすり仕上げ

やすりを使って手作業で加工品の仕上げを行うことを言います。
やすりと一口に言っても様々な種類があります。
主に仕上げに用いるのは紙やすり(サンドペーパー)です。
目的や材質に合わせたものを使用することで仕上がりがよくなり、やすりも長持ちします。紙やすりにも種類があります。

①紙やすり(サンドペーパー)
一般的なサンドペーパーで、主に木工用のものです。

②空研ぎやすり
厚紙に砥粒がコーティングしてある上に、合成樹脂や目詰まり防止剤が加工されているのが特徴です。
紙やすりよりも耐久性が高くなります。

③耐水やすり
防水性のある紙やすりです。
やすりを水に濡らしてから行う「水研ぎ」ができ、金属にも使用可能です。
~水研ぎのメリット~
・削った痕が目立ちにくくなる
=表面がきれいに仕上がります。
・摩擦熱が発生しにくい
擦った時に熱を持ちにくいので、摩擦熱でのやけどをする心配がありません。
・目詰まりをおこしにくい
削る部分に削った粉が詰まってしまうことを目詰まりといいます。
水で削り粉を流しながら加工出来るので、目詰まりのリスクが低減されます。
・削った粉が飛散しない。
切削粉が水を吸収するので、削り粉が飛散しません。
吸引する心配が少なく、掃除の手間も減るので利便性に優れます。
とても便利な半面、鉄など水で錆びる材質には使用できないので注意が必要です。

④布やすり
紙ではなく、布に砥粒がコーティングされたものです。
紙の代わりに布が使用されているので、曲面にもフィットしやすいのが特徴です。
耐久性があるので金属の研磨も可能です。

⑤ポリネットシート
繊維がメッシュ状(網目状)になっているやすりです。
布やすりよりさらに耐久性が高く、金属の研磨に適しています。
目詰まりがしにくく、両面が使えます。
種類によっては水研ぎも可能です。

紙やすりの主な目的

・バリ取り・・・機械加工で残ったバリを取る。
・加工後の処理・・・刃物の切削痕を消したり、キリコでついてしまったような傷を消すのにも有効です。
・エイジング加工・・・あえて削った痕を入れることです。細かい複数の線が入り、模様のようになるので材質や形状によっては高級感のある外観に仕上げられます。傷が入っても目立たなくなります。樹脂のモデル屋さんではよくこの加工が施されます。
・面取り加工・・・面取りは面取り機で行うものが大半ですが、機械ではできない複雑な形状の面取りに用いることもあります。
・金属のサビ取り・・・深度の浅いサビであれば、やすりで削って落とすことができます。特に柔らかいアルミのサビに有効です。

粗さ

紙やすりの粗さの度合いは#のついた数字で表され、これを「番手」といいます。
この数字は、1平方センチメートルあたりの研磨剤の粒子数を表しています。
つまり、数字が大きいほど細かく削ることができます。
例えば#600と#2000では、#2000の方が表面がきれいに仕上がります。
違う種類のやすりだと、塗布されている砥粒の種類が異なりますが、番手が同じなら同じ粗さになります。
数字の大きいものはきれいに仕上がる反面、少しずつしか削ることができません。

やすりの使い方としては、はじめに荒い目のものを使用して、徐々に細かい目のものに変えていくと目的の粗さに近づけていくことができます。
想像し辛いかもしれませんが、徐々に細かい目にしていくことで、初めの荒いやすりの痕がうまく消えてきれいな外観に仕上がるのです。
平面を磨くときは木片などに巻き付けて行うと研磨しやすいです。
大きさも調整できますし、平らに研磨することができます。
力加減が難しいのでこまめに確認しながら行うのがポイントです。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358