溶剤仕上げ

3Dのある生活

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3Dのある生活
  3. 溶剤仕上げ

溶剤仕上げ

3Dプリンターは造形物自体であるモデル材と、モデル材の形状を維持するためのサポート材との2種類で造形します。
全て造形し終わった後にサポート材を除去して造形品の完成です。

サポート材の除去

3Dプリンターには様々なタイプのものがあります。
その中の、FDMと呼ばれる熱溶解タイプで、strarasys社製のものはサポート材の除去に溶剤を使用します。
手順は下記の①~③です。
①強アルカリ剤につける→②酸性の液で中和→③水で洗浄

大抵のFDMタイプの3Dプリンターはサポート材とモデル材と同じ材質で造形します。
モデル材とサポートの間に0.1mmの隙間を空けて数箇所だけ点で接着することで、手でサポート材を除去します。

表面の仕上げ

サポート材とモデル材を同じ材質で造形する場合です。
サポート材の大部分は手や工具で、物理的に力を加えて除去することができますが、モデル材に近い部分はどうしても除去した跡が残ってしまうことがあります。
そこで使用するのが溶剤です。
手でサポート材を取った後などに、表面をきれいにする場合はアセトンを使用します。
切削や研磨に比べて見た目がつるつるになり、テカリが出ます。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358