粉末焼結方式(SLS)

3Dのある生活

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3Dのある生活
  3. 粉末焼結方式(SLS)

粉末焼結方式(SLS)

粉末を焼結して造形する3Dプリントの造形 粉末焼結方式(SLS)

粉末焼結方式(SLS)とは、高出力のレーザー光線によって粉末の樹脂や金属を焼結して造形する方式です。
レーザーを粉末に照射し、1層作るとステージも1層下がり、順次ステージを下げながら完成させていきます。
レーザーは直径の自由度が熱溶解積層法(FDM)で用いるノズルよりも高く、横幅が0.02mm等の微小な造形物や複雑な形状の造形が可能です。
また、造形にサポート材が必要ないため、造形後にサポート材を取り除く作業をする必要がありません。
樹脂はナイロン、金属は銅、チタン、ニッケル等の材料を使うことができ材料の自由度が高いです。
粉末を熱エネルギーで固化するので他の3Dプリント造形方式に比べて耐久性の高い造形が可能です。
どろどろに溶かして押し固めた切削材料が強固なのは、より細かい粒子の状態で結びついている為ですが、
粉末の状態で溶かして結びついた粉末焼結方式(SLS)ではそれに匹敵する強度になります。
デザインの試作から実際に動作する試作品まで、大量生産前のテストとして幅広い試作を行うことができます。
欠点として粉末焼結方式(SLS)では粉末を焼き固めて造形するため、表面はざらざらとした質感で仕上がってしまいます。
なめらかな表面や光沢のある表面が要求される場合にはこの方式の3Dプリンター単体では不向きです。
しかし、粉末焼結方式(SLS)の強度・高精度の造形が必要で、なおかつ造形物になめらかさ、光沢が必要な場合は研磨により実現することができます。

粉末焼結方式(SLS)の3Dプリンターは非常に大きく、置き場所、作業場所の確保に注意が必要です。
また、本体や消耗品、保守費用が非常に高額であるため、造形物も他の造形方式と比較すると高くなってしまいます。
現在は特許が切れたことにより、価格破壊が進み今後は比較的低価格での造形も可能となるのではと期待されています。
その他3Dプリンター出力について分からないことや確認したいことがありましたらお気軽にご連絡ください。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358