自由に色を変更 3Dプリンター出力品への塗装

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 自由に色を変更 3Dプリンター出力品への塗装

自由に色を変更 3Dプリンター出力品への塗装

3Dプリンター出力加工品エポキシサムネ

3Dプリンター出力品は、元の素材の選択以外にも塗装で色を決めることができます。

形状見本の製作では、素材の色のままでも十分形状見本の役割は果たせます。
そこに塗装で色を付けることでより実物に近い見本にすることができます。
塗装をすると色の変化以外にも、ツヤ感などによる印象の変化も与えることができます。

塗装はFDM、光造形、粉末焼結、どの造形方法でも対応しています。

3Dプリンター出力品は基本的に単色で造形されます。
材料の色はバリエーションが少なく、基本は白、黒、透明です。
唯一インクジェット方式の3Dプリンターはフルカラーに対応しており、複数の色を同時に出力することができます。

ただ、同じ形状を他の造形方式で製作した時に比べると2倍以上の費用になることもあります。

そこで、弊社でオススメするのは光造形品への塗装です。
光造形は3Dプリンターの中でも一番滑らかな表面の仕上がりなので、特に形状見本の製作に向いています。
滑らかな表面なので色ムラが少なく、綺麗に塗装できます。
下の画像は白塗装と黒塗装後の画像です。

3Dプリンター出力品エポキシ白塗装3Dプリンター出力品エポキシ黒塗装
※左側は素材そのまま、右側は白塗装

光造形品に塗装をする際の注意点

光造形品に塗装をする際に注意が必要なことがあります。
光造形品は耐熱温度が低いため、高温で乾燥させると変形することがあります。
そのため精度が必要な部品、嵌め合いがあるような部品には向きません。
その上で塗装を行う場合は、塗装後に追加工で寸法を調整します。

3Dプリンター出力で部品製作をお考えなら

DDD FACTORYは部品の試作から、実際に機械に組み込む部品までご注文頂いております。
当社の専門チームが開発・調達のサポートをさせて頂きます。
設計の段階からでもご相談承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358