3Dプリンターの耐候性材料

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 3Dプリンターの耐候性材料

3Dプリンターの耐候性材料

プラスチック耐候性

広がる3Dプリンター出力の用途

最近では工業用部品向けの3Dプリンターが開発され、切削加工と同等の材料が3Dプリンターでも対応できるようになってきています。
切削加工では不可能な形状、困難な形状では、代替手段として選択されるようになりました。
3Dプリンターで製作された部品が機械の装置にも組み込まれるのは当たり前になっており、試作ではなく実際に使う部品として3Dプリンター出力でのご依頼を頂く機会も増えています。

それに伴い、屋外で使用する場合の耐久性についてもご質問もよく頂きます。
今回は、3Dプリンター出力で扱える、耐候性の高いASA樹脂をご紹介します。

ABS樹脂の耐候性を強化したASA樹脂

ASA樹脂はABS樹脂をベースとして耐候性を改善した樹脂です。

ABS樹脂は耐久性と加工性に優れた、最も一般的なエンジニアリングプラスチックです。
これの耐候性の弱点を補強したのがASA樹脂です。
ABSと耐候性以外の性能がほとんど同じなため、ABS耐候性グレードや耐候性ABSとも呼ばれます。

ASAはABSのBであるブタジエンゴムに代えて光と熱に強いアクリル系ゴムを用いて耐候性を高めています。
ブラック、アイボリー、レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ダークブルー、ホワイト、ダークグレー、ワイトグレーの計10色のカラー展開があるので、塗装することなくご希望の外観に合わせることが可能です。

ASA樹脂使用上の注意

耐候性が高いのですが、劣化が全くないというわけではありません。
劣悪な環境や長期間の使用では変色や劣化がありますのでご注意ください。

使用する場面

実際に屋外使用の場面で多く採用されています。
自動車の外装部品や、屋外用コンセント、スポーツ用品にも使用されています。
データさえ作成すれば、そのまま形にできるので
屋外で使われている既製品に変わってオリジナルの形状を製作したい時に最適です。

当社では複数メーカーの機械を所有していますので、
耐候性の高いASA以外にも、耐熱の高いULTEM、強度のあるカーボン入り樹脂など
様々なバリエーションをご用意しています。
ご希望の用途、場面に合わせて複数の樹脂をご提案させて頂きます。
お気軽にご相談をお願い致します。

3Dプリンター出力で部品製作をお考えなら

DDD FACTORYは部品の試作から、実際に機械に組み込む部品までご注文頂いております。
当社の専門チームが開発・調達のサポートをさせて頂きます。
設計の段階からでもご相談承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358