量産で3Dプリンター出力を選ぶメリット【実際の事例】

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 量産で3Dプリンター出力を選ぶメリット【実際の事例】

量産で3Dプリンター出力を選ぶメリット【実際の事例】

3Dcostcut

変化する3Dプリンター出力の役割

普及当初は、3Dプリンターは形状確認を目的としたプロトタイプとして1~5個程度の試作に使用されることが主流でした。
当時は製品として使用できるレベルの精度を出そうとすると、高価なハイスペック機を使う必要があり、コスト面で現実的ではなくなるためです。
その一方で形状確認という目的に対しては十分なレベルであり、かつ他の製作方法よりも気軽に、速く出来ることから3Dプリンターの主な用途として使用されていました。

ここ数年でミドルクラスの3Dプリンターの改良が進み、高精度の造形物を他の製作方法に劣らないレベルで実現できるようになりました。
そのため、試作以外にも、数十個~数百個の量産および量産試作の手段としても使用されるようになりました。

3Dプリンターで量産するメリット

ここでいう「量産」とは、数量を問わず金型を作るなどして生産することを指します。
3Dプリンターで量産をする大きなメリット、それは金型を作るよりも生産スピードが圧倒的に早く、コストも低いことにあります。
切削加工では加工が難しい形状である場合も3Dプリンター出力を選ぶことで上記のメリットを享受することができる場合があります。

3Dプリンターでコストダウンできた事例

DDDFACTORYで実際にあった事例を1つご紹介します。
本体と蓋の2部品構造のケースを20セット1ヶ月以内に切削加工にて作りたいというご相談でした。
元々金型から製作している案件でしたが、短納期で急遽必要になったため、当社へご連絡頂きました。
データを見ると切削加工では削る量が非常に多く、本体内部も複雑だったため、切削加工での製作は非常に高額な見積結果となりました。
そこで、要求性能をクリアできる条件で3Dプリンターでの提案をさせて頂きました。
金型から製作する方法と比較した際に100万円のコストダウンとなり、納期にも十分間に合う結果となりました。

量産品のコスト・納期でお悩みの方へ

これまで当社では金型成形に代わる提案をすることはできませんでしたが、最新の3Dプリンターの導入によりそれも可能となりました。
DDDFACTORYでは、切削や成形で製作したものと同等のクオリティでの3Dプリンター出力ができます。

1つものでも、金型成形、切削加工、3Dプリンター出力など、方法は様々です。
条件によってどれが最適な方法かは変わります。
当社の3Dプリンター出力サービスでは、量産という場面で、従来の製作方法よりも良い条件でご提案させていただけるかもしれません。
量産のコストダウン、新たに製作を考えておりましたら、ぜひ一度ご相談ください。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358