光造形方式とは

3D造形を学ぶ

Special Contents シンギュラリティ
×
ビジネス
見積もりスピード
業界No.1
お問い合わせ
お問い合わせメール
1個から承ります 納品までの
流れ
  1. ホーム
  2. 3D造形を学ぶ
  3. 光造形方式とは

光造形方式とは

光造形方式の造形方法

光造形方式とはその名の通り、光(紫外光)によって液体材料を固めて造形する3Dプリンターの造形方法です。
その原理はFDM方式(熱溶解積層法)と同じく、3Dプリンター用ソフトで3Dデータを高さ(Z軸)方向にスライスしたプログラムをSTLデータとして出力します。
出力したデータを3Dプリンターに取り込み、紫外光のレーザーを液状の光硬化性樹脂に当てることで一層ずつモデルを硬化して造形します。
FDM方式と同様に一層ごとのピッチを薄くすることでより高精度の造形が可能です。

光造形方式の特徴

光造形方式の特徴の一つに美しい外観があります。
3Dプリンターで造形した製品に関して外観の仕上がりのご質問をよくいただきます。
広く普及しているFDM方式で製品を造形した場合、固体の材料を熱で溶かして押し固めていく製法のため外観が階段状になります。
積層ピッチや材質を変更することで多少の美化は可能ですが、造形時間がかかってしまい納期や価格にも大きく影響が出てしまいます。
光造形方式は上記のようなFDM方式特有の欠点を補うことが出来ます。
まずピッチを変更することにより、Z方向の精度を向上させることはもちろんのこと、レーザー光による造形なのでXY方向の精度はレーザー光の細さに起因します。
ノズル径および固体材料を使用するFDM方式は、細すぎて造形不可やパソコン上でプログラムを確認する際には問題ない形状でも造形してみると、データの寸法よりも太くなっていることも多々あります。
造形物を測定して3Dデータを修正することで寸法の調整をしますが、光造形方式ではその手間を省くことができます。
レーザー光で造形するため細かい造形が可能となり、切削加工では折れてしまうような加工も可能となります。
造形時間においては、光造形方式はレーザー光を照射するだけで液体樹脂が硬化するためFDM方式よりも造形時間も早いとされています。
FDM方式で使う材料よりも高価ですが造形時間が短いので大きさや形状によっても割安になることがあります。

また光造形方式はエポキシ樹脂という材料を使用するため、造形した製品が半透明になります。
この半透明の製品に磨き処理をすることで透明な製品にすることもできます。

光造形品の強度

FDM方式はノズルから溶かし出す材料が半固体となり、固体同士の結合となるので強度は高いものができます。
それに対して光造形方式は液体を紫外光で固着させるためFDM方式の造形品と比較すると強度が劣ります。
強い衝撃を受けるジグや強度が必要な場合、また屋外での使用の際はFDM方式を推奨させていただきます。
FDM方式は切削材料(エンジニアリングプラスチック)に近い材料を使用するため靭性がある製品を造形でき、壊れにくい製品を造形できます。
光造形方式は精度や外観を重要視する際に推奨しております。
プレゼン用の資料や複雑な形状の造形、透明樹脂でのカバーの作製などは光造形方式をお選びください。

3Dプリンター出力はDDD FACTORYにお任せ下さい。
高品質の造形物を大阪・東京より全国へお届けします。

大阪
TEL:06-6976-3366
FAX:06-6976-9758
東京
TEL:03-5426-3363
FAX:03-5426-3358